検索

台高 クラガリ又谷(沢登り)

メンバー:ハリー、okaji(大阪わらじの会)


くらがり又谷は観光地なので、入渓地点まで車で入ることができるのでアプローチが非常に楽!滝見の観光客もちらほら見られるが、ここから先は沢ヤの世界。


薄暗いゴルジュの中に4つ滝が掛かっているのが見える。

その先にさらに大きな滝も見える・・・


最初の滝まで泳いで取り付き、右の滑る凹角を上る。

上下ウェットスーツのため水の冷たさは感じない。



2番目の滝。7m。ここも泳いで取り付く。トップはハリー。

滝のすぐ右を登る。残置ハーケン1個あり。



3番目の滝。10m。泳いで取り付き、1段上がると残置ハーケンがあるのでそこでビレイする。トップはokaji。



上部がかなり悪い。ホールドはあるが足が無く、石灰岩なのかつるつるに磨かれたスラブでスメアが効かない。

okajiがハーケンを2枚打って頑張ったが最後が登れず、トップをハリーに交代してなんとか突破!



4番目の滝は傾斜は緩かったが、水を被るのがいやなので右から高巻く。



ゴルジュを抜けると急に開けた場所に出る。

薄暗い井戸の底から光の中に飛び出した感じ。

正面の40m滝は右岸のルンゼから登り、右上して滝の落ち口近くを直登する。



続く15m滝は右から取り付くが、かなり滑る。小ハング?をアンダーでもちその上のスローパーを取って乗り込んだらあとは楽々。


続く10m滝は写真は無し。

左のスラブから登り、藪をトラバースして滝の落ち口に出る。


しばらく平穏な沢をじゃぶじゃぶ歩くと小さい堰堤が見えるので、そこから左の尾根を10分ほど登るとモノレール軌道に出るのでそれ伝いに下山。


全体的にコンパクトな中にもゴルジュあり、滝の登はんありで楽しい沢でした(^^)/



145回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2020.12月の活動記録

コロナの影響で定例会など会のイベントは休止中。個人山行で個々に活動中です。来年は自由に心置きなく楽しめる良い年になりますように。 1) 12.5(土) 百丈岩・マルチピッチクライミング練習(2名) 2) 12.5(土) 宝塚の岩場クライミング(5名) 3) 12.5(土)〜6(日) 小豆島・クライミングキャンプ(5名) 拇岳・赤いクラック & 吉田の岩場 4) 12.6(日) 堡塁岩クライミング(