検索

氷を訪ねて三千里


…というのは少し大げさですが、氷を求めて往復約1000キロ、250里の道のりの、1泊2日の大冒険に出かけてきました。


当初の予定は、戸台川でのアイスクライミング。

あいにくの雨模様を1週間見送って、雲一つない最高のお天気で迎えた最高の週末!

わくわくふくらむ期待を胸に、なおみ先輩の愛犬わさびちゃん(黒ラブ7歳♀)をたずさえて、一路戸台川を目指します。


白いお山に向かって、てくてく、てくてく…

しかしここで問題発生。

昨年の台風19号の被害により、登山道が大崩落。なんと通行不能の状態に。

泣く泣く来た道を引き返します。。。



しかし転んでもただでは起きぬクラブ雲峰。

ケンイチ先輩の知識と経験をもとに、気を取り直して今度は尾白川を目指します。

2時間ほど車を走らせて、やってきました山梨百名山・日向山、名水百選・尾白川渓谷!


…むむ?んんん、なんということでしょう、ここでも不穏な×印。



残念ながら、ここでも台風19号の色濃い爪痕が。

日向山を5合目まで登って、道なき道を滝に向かって下降する…という手段もあったようですが、無情なことにすでに時計は15時をまわったところ。

翌日中に神戸まで帰らなくてはならない使命を負った我々には行程が厳しく、苦渋の決断ながら、再び計画変更を余儀なくされました。



夜は作戦会議に充てることにし、今日のお宿は尾白川渓谷キャンプ場。

温かいご飯で傷ついた心を慰めます。

テントはもとより、わが身もしっかり焼肉臭に包まれましたが、ハリー先輩の焼いてくれたお肉、美味しかったなぁ♪

山に来ると、身体がお肉を欲しますね。




一般登山道とは違い、なかなか情報が入りにくいクライミング界(特に遠征地…)。

加えて、今年度はとんでもない暖冬のおかげで、アイスの情報はさらに入りません。

全国のクライマー達が安全情報を交換できる、大規模なコミュニティがあればいいのになぁ!と切実に思った夜でした。



さて、さすがに3度目の轍を踏むわけにはいかず、翌日は確実性を取り、八ヶ岳へ。

転んでもただでは起きぬクラブ雲峰、再び。

たどり着いた美濃戸口は車でいっぱい!八ヶ岳の人気の高さがうかがえます。


駐車場の混雑ぶりと、帰宅時間のタイムリミットを考慮し、今回は滝へ向かうのは回避して、赤岳山荘前の人工ゲレンデ(アイスキャンディー)でアイスクライミング。

先輩にロープを張ってもらって、アドバイスもたっぷりもらって、トップロープでいざチャレンジ!



結論、アイスクライミング難しい!!(笑)

初回は途中まで比較的すいすい行ったものの、いったん足を踏み外したら後はヨレヨレ…。

なかなか先輩方のようにはいきません。




己の腕力のなさとノーコンぶりに悔しいやら腹が立つやらの時間帯もありましたが、終了点にたどり着いた喜びはまたひとしお。

岩場とはまた違う難しさや楽しさがあり、奥の深さを垣間見ました。


先輩方のアイテムを借りたり見せてもらったりして参加した、今回の大冒険。

お財布と相談しながら少しずつアイテムを増やしつつ、まずはコツコツ、クライミングの技術を伸ばしていけるよう、頑張っていきたいと思います!





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


神戸クラブ雲峰では、2020年度4月入会の新入会員を募集しています。

2019年度はゼロからスタートしたクライマーも多数入会し、日々頑張っています!

クライミングを始めたい。アルパインに興味がある。そんなあなたをお待ちしています。

ご興味のある方は、「入会案内」のページより、まずはお気軽にお問い合わせください。

0回の閲覧