検索

雪彦山すべり台~大ジェードル

最終更新: 2019年10月14日

この日は堡塁岩に行く予定だったが、他に参加者がいなかったので急遽予定を変更して雪彦へ。


朝8時頃、珍しく東稜にはだれもおらずに貸し切り状態。


1P目スラブ、ネガーさんがリード。


1P目の終了点から真っすぐ右にトラバースしてすべり台の取り付きまで斜めに上がる。ここはリードはハリー。

途中リングボルトが見えたが、苔がびっしりついていてとても渡れそうに無かったので草付きまで下りて、草付き沿いに上がる。今回一番怖かったところ(笑)


取り付きまで50mロープでは足りなかったので途中の松でピッチを切る。とげとげの木が当たって痛い(T_T)


3P目、すべり台。ここもリードはハリー。

右沿いはガバのフレークが上まで続いているので楽勝。

ここの基部でずっと蜂につきまとわれる(´д`;)。


すべり台を登りきると丁度いい木があるが、そこでピッチを切るとその上の急な草付きをフリーで登らないといけないので、樹林帯まで登ってからピッチを切る。


しばらくコンテで歩く。


馬ノ背から右にフィックスロープのあるところを下りて少し岩を登ると大凹角が見えてくるが、ビレイポイントまでのトラバースがいやらしいのでその手前からロープを出す。


5P目、大凹角。ここもリードはハリー。



カムは2番×1、3番×2、4番×1を使う。

クラックが続くが、横の壁にも足を置けるので楽勝。


ハング下で右にトラバース。


こわ~


6P目、最終ピッチ。

ここでも蜂につきまとわれる(T_T)


リードはネガーさん。

このピッチは難しくは無いが、ピンが無く浮石もあるので慎重に登る。


終了点は地蔵岳の頂上。


いえーい。


ロープを仕舞って撤収~


0回の閲覧