検索

鬼ヶ牙 マルチピッチクライミング

最終更新: 2019年5月11日

鬼ヶ牙。

標高500mにも満たないが、登りごたえのあるマルチのルート。

2ピッチ目まではスラブ、3ピッチ目から上は木や金網でランニングを取りアルパインチックな登りが楽しめる。




石水渓キャンプ場の駐車場に車を停める。キャンプ場には炊事場、バンガローあり、ここで一泊して翌日に御在所にいくのもいいかも。


駐車場から歩いて3分で登山口。



少し登って左のふみ跡をたどるとすぐに壁に出る。これが右面スラブ。



フィックスロープをつかんで左上のテラスに上がる。



左面のスラブはここからスタート。



1ピッチ目は緩いスラブ。



ざらざらですべる気配は無いが、最初なのでビビッてリングボルトに乗ってしまった。


ネガーさん「リングボルト乗ってええのw」


私「(しっかり見てるな・・・)いいんですよアルパインなんで(^^)


2ピッチ目は傾斜のあるスラブ。

左の壁にボルトが打ってあり、手がかりがないので、ここがアブミを使うところなのだろうが、右から登ればアブミなしでも登れる。

けっこういやらしい部分もあるが、こういう滑らないスラブは登っていて楽しい。

草付きに入ったところの木でピッチを切ろうと思ったが、上の岩に残置スリングが見えたのでそこまで上がる。



ネガーさん「ハリー、サングラス落としたw」


私「(この人いっつもなんか落としてるな・・・)え、回収できます?懸垂しますか?」


ネガーさん「いや、ちょうどテラスに落ちたから帰りに拾うわ」


3ピッチ目。

ここからルートが不明瞭になる。



残置ハーケン、リングボルトが無くなり、木や金網でランニングを取りながら登る。

地形図では尾根伝いに登っていってるので、多分ルートは合ってるだろう・・・




金網を登る・・・


立った岩にぶち当たり、登れるか微妙だったので右に迂回して立木で終了。


ネガーさん「これおかしいで。踏み跡ないし、人が入ってたら木が折れてるはずやし。誰も入ってないで。金網登ったり、こんなんルートちゃうで。」


私「ネガーさん、アルパインてそんなもんです(^^)




ネガーさん「あっちちゃうの。絶対あっちやで。」



私「地形図だとあの尾根はここで、今いるのがここで・・・」


ネガーさん「そっかぁ。じゃあ合ってるんか~」


私「(まぁ合ってるかは知らんけどなw)


落石防止のワイヤーネットを登る。


左へトラバース。ずるずる滑る。


ビレイ中にスマホはあかん!


ようやく鬼ヶ牙の「牙」へ。



「やっと来ましたね~」

「でもあれヤバない?なんもないで」

「ほんまや、残置ハーケンでもあったらいいけど、ここからじゃわからないですねぇ」


とりあえず登ってみる。



途中、錆びたリングボルト、残置ハーケンが1本ずつあった!

スメアで牙に乗り込み、左へトラバースしていく。

細い木で支点をとって牙の左へまわりこむ。


そして核心部分。難しくはないけど、めっちゃ度胸がいった(^q^)



ネガーさん「ファ~~wここやばいなw」

私「めっちゃ怖いっすよw」



牙を乗り越した先は気持ちのいい尾根。そこでお昼休憩。





少し進むと、またピークがあり、左がいやなトラバース。念のためロープを出す。





そこから先は踏み後あり。南峰、鬼が牙山頂を踏む。




一般道を下山。落ち葉でずるずる滑る。かなりの急傾斜で登りでは使いたくない・・・

人が居ないのもうなずける。




下山。



お疲れさまでした!



このあとネガーさんはサングラスの回収へw







59回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020.7月の活動記録

TOPICS! ■ 新型コロナウィルスの影響で十分な活動ができないため、2020年度の新会員募集は締め切りました。 ■ 新型コロナウィルス肺炎対策のため、現在毎月の定例会は実施していません。感染対策に気を配りつつ少人数での活動を継続しています。 1) 7.1(水) インドア・クライミング @ミズノスポーツプラザ 2) 7.1(水) インドア・クライミング @グラビティ・ミント 3) 7.5(日)