検索

2020.1.13 白馬 バックカントリースノーボード

メンバー:岡野(個人山行)

場所:栂池高原天狗原

この時期は近場の大山や氷ノ山でバックカントリーを楽しみたかったところにこの雪不足。雪を求めるあまりソロで白馬に行ってきました。車でおよそ500km。ようやく長野についても雪はほとんど積もっていない。


これは不安だ。。。



今回は現地ガイドツアーに参加しスノーボードとスキーの混合チームです。



暖冬であることを忘れさせてくれるくらいの降雪に期待も高まりながらスノーシューで歩きます。



さてこの白馬、今やウインター業界では誰もが知っている「Japow」を求めて世界中からスノーボーダーとスキーヤーが押し寄せています。街中はもちろん山の中も外国人だらけ。彼らに「コンニチハ!」と元気に挨拶をされていると我々がお客さんになったような気持ちになります。






標高を上げていけば、ふかふかの新雪が50cmはある!当たりかも!








雪の量には思わず笑顔。。。








今回滑った天狗原は栂池高原にあるゆるやかな地形です。栂池高原スキー場のゴンドラからアクセスし標高差500mほどを登り、良さそうな斜面へドロップ!

下りはゲレンデを含み標高差1200mの滑走です。


最近は人口雪ばかりの私、深雪に吹っ飛ばされそうになりました・・・



後日SNSを見ているとこの新雪が翌日の雪崩となった斜面があったそうです。ドカ雪の翌日あたりは特に気をつけないとなりませんね。



ご一緒したスキーヤーさん達にラッセルでは大変お世話になりました(^◇^;)ありがとうございました。(スキーもうまくなりたい)



パウダーを浴びて、滑りの反省点もたくさん見つかって、スプリットボードが欲しくなって、充実したシーズンインになりました。

0回の閲覧